46240SonyCMOS
 この画素数は、現在使われている画像認識運転支援システムでいうとスバルの「アイサイト」Ver.3/ツーリングアシストに使われているものの7倍以上となるものですね。
スポンサーリンク


[ソニー:業界最高解像度※1の車載カメラ向け有効742万画素積層型CMOSイメージセンサーを商品化]

ソニーは、先進運転支援システム(ADAS)用途の前方センシングカメラ向けに、1/1.7型で業界最高解像度※1となる有効742万画素RCCCフィルタ※2採用の積層型CMOSイメージセンサー『IMX324』を商品化し、2017年11月からサンプル出荷を開始します。

※1:2017年10月23日広報発表時点。ソニー調べ。
※2:R(赤)とC(クリア)を組み合わせたカラーフィルタ。

 サンプル出荷は11月、量産は来年6月からの予定で、信頼性試験基準はその時期までに満たす予定などと発表されています。

本イメージセンサーは、従来比※3約3倍の水平解像度を持ち、遠方撮影では約160m先※4にある交通標識の高精細な撮像を実現します。さらに低照度の環境においては、感度をより高めるための画素加算モード※5の搭載により、高感度2666mVを実現し、月明かりに相当する暗さの夜間でも歩行者や障害物を撮像することが可能です。また、夜間においてヘッドライトや街灯により明暗が混在する場面でも、暗い部分は高感度、明るい部分は高解像度で交互に撮像する機能を持たせ、後段の信号処理との組み合わせによる高精度な認識が可能となります。
加えて、画素部分と信号処理部分を重ね合わせた積層構造を車載カメラ向けイメージセンサーとして業界で初めて※6採用することにより、高解像度ながらも小型サイズと低消費電力を実現しました。

※3:IMX224MQVとの比較。
※4:カメラとしてFOV32°のレンズを採用した場合。
※5:複数の画素情報を加算し、感度をより高める読み出しモード。
※6:2017年10月時点、ソニー調べ。

 視野角32度で、との条件は付きますが人間の目でも判別が難しい遠方の交通標識読み取りが可能に、
46240SonyCMOS1

 また画素積算モードでは月明かり程度の明るさである0.1ルクスでも明暗の判別が可能に、
46240SonyCMOS2

 とよりセンサ性能が向上していますね。

 現状の運転支援システムでも運転者よりよく前を見てはいますが、このセンサを用いれば人間の目では判然としない暗闇にある物体すらも判別出来るようになるでしょうし、より高度な安全対策が行えるようになりそうです。

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4
・ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4
(Amazon)
 .