46164ChuMAT
 2019年にNintendo Switchは発売2年~3年近く…ゆうちゃんの事を考えればその頃には既に終わりかけていそうですね。

スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.46162■■

[まんたんウェブ:モンスターハンター:新作「ワールド」は「世界で1000万本狙える」 Gzブレイン浜村社長語る / ニンテンドースイッチ:世界的ヒットは「任天堂も予想外」 Gzブレイン浜村社長語る]

 何れもGzブレインの浜村弘一社長が10/13に東京都内で開催されたセミナーで語った内容、とされています。

 モンハンが全世界1000万本の根拠についてはこう。

「過去のシリーズは(欧米で不人気の)携帯ゲームだったから。『ハンティング(狩り)ゲーム』は欧米でも注目されているので、(大台の)可能性はゼロでない」
「細かい話になるが、(ゲーム中の武器の)ボウガンもマシンガンのようになっており、欧米で受け入れられるための工夫をしている」

 可能性はゼロではない、物は言い様ですね。
 一応カプコンの2018年3月期計画はパケ1050万本のDL版1250万本で、「バイオハザード7」(2018年3月期時点で370万本)が発売された前期を上回る計画とはなっていますが…
 そもそもカプコンには1000万本を達成したタイトルが存在しない。

 ついでニシッチについてですが、

「正直ここまで売れるとは。任天堂も予想外だっただろう」
「体感型のコントローラーなど(売れるための)トータルの戦略を、相当に研究したのだろう」
「それ以上のスピードで売れた据え置き型のゲーム機は、プレイステーション2とWiiしかなく、その二つのゲーム機は、最も売れる年末商戦に発売した。3月に発売したニンテンドースイッチは、潤沢にあればPS2やWii並みに売れたかもしれない」
「当初はニンテンドースイッチの売れ行きを様子見していた各社が、ここ数カ月で一斉に専用ソフトの開発に取りかかった。2019年ごろにソフトがそろうだろう」

 任天堂にとって予想外だったかどうかは第2四半期決算で一部分かると思いますが、転売/水貨バッファを最大限に利用してもここまでアンバサ前を含む3DSと同程度の推移、欧米においては携帯機として見れば多少ましだが「据置型ゲーム機」としての存在感は絶無、という時点で予想外でもなければ特に好調という程でもなさそうですが…

 サード各社が開発に取りかかったゲームというのも、実在するにせよ外注中小規模タイトルが多いのではないかと思いますが…
 ニシッチ世代でイメエポるところは出てくるのでしょうか。

 ニシくん向けに書いておくと、ニシッチでサードが停滞し爆死を繰り返すより、PSP3(仮)がサードの受け皿として存在していた方がよほどましだろう事は間違いないと思いますよね。

ファークライ5
・PS4 3/1 ファークライ5
(Amazon)
 .