46149SunksToNishis
 サンクス2お金を納めてくれる全てのニシくん。
 以前にも取り上げたAmazonレビューに書いている人の続報なのですが、結局“有償修理”と言い張った部分は不具合に関係なく、軸から出た“白い粉”(プラスチック粉末?)がセンサ部に入り込んだ結果不調になっている可能性が高そうです。
スポンサーリンク


via 昨日のゲーム速報記事コメント欄より

86. G 2017年10月11日 22:45
[プロコン 分解]で画像検索してたら、ジョイスティック裏側の写真を見つけたんですけど
前にも、「粉は問題ない」「水分が付着してるから有償」って話題にされてた方でした、あれから進展があったようです
(url略)
で、部品の外観と足の数からプロコンのジョイスティックは多分抵抗ボリューム式ですね
ちなみに参考にDS4も見てたら、DS3のホール素子から抵抗ボリューム式になってました
プロコンの左スティックの上が利かなくなるのは抵抗の摺動子がおかしくなってるのが原因でしょうね
自分としてはおかしくなる原因は耐久性を推したいのですが、レビューしてる方は粉が出なくなってから調子が良いそうなので
ゴミ(白い粉)がジョイスティックに入り込んで抵抗ボリュームの接点に悪さしてるのかなと
・・・白い粉が原因で壊れてることになってしまいますね

[Amazon: カスタマーレビュー - Nintendo Switch Proコントローラー - 【速報3】左スティックの白い粉→原因と対策です]

 前の方は以前も取り上げたので省略したのですが、症状としてはニシッチのアナログスティックでよく報告されている“スティックを倒しても正常に入力されない”というものですね。
 この他にも一定方向への入力が勝手になされる場合もあるようです。

※追記5:任天堂に修理品を北海道から発送したのが9/20(水)、土日挟
んだので到着したのが9/25(月)、それから3日経過したところで任天堂
から電話連絡がありました。しかし白い粉についてはわたしは全く納得が
いきませんでしたが、「異常ではない」の一点張りでした。さらに白い粉
と左スティック上方向の不具合は全く関係ないとの事です。原因を調べた
結果「メイン基板に水分が付着したため」との事ですが、水をこぼしたり
した事はありませんし、基盤が壊れるほどの手汗を掻く事もありません。
メイン基板の交換は有償修理となるそうで、4,000円ちょっとの修理費が
掛かるそうですが、全く持って釈然としない対応です。なので上記の接点
復活材(油性)や息を吹き掛ける事などは念のためしない方が良さそうで
す(息を吹き掛けて壊れるのもどうかと思いますが)。
それよりも2台目に購入したプロコンですが、白い粉だらけになったのが
購入してまだ5日目だったので Amazonに交換依頼をすると1時間後には
担当者から謝罪のメールが来ました。さらにこちらの返品発送を待たずに
代替品をすぐに発送してくれるという神対応(普通?)でした。本来これ
は任天堂がやるべき対応だと思うのはわたしだけでしょうか。

※追記6: 10/4(水)に任天堂からプロコンが戻ってきました(14日振
りの帰還)。有償修理が納得いかなかったので(ZLボタンのみの修理も断
られました)、修理を拒否してそのまま返却してもらいました(送料は任
天堂が負担)。このままゴミ箱に捨てるのもあれなので、どうせなら任天
堂の言う水分の跡も確認してみたかったので分解を決行。中身を見てみる
とスティック部分には白い粉がまだ付いていましたが(画像あり)、内部
基板などには粉はなく、吹き掛けた接点復活材と思われる液体が、スティ
ックユニット(黒いスティックを外した下の機械部分)の廻りに滲んでい
ました(画像あり)。さらにメイン基板をバラしてみると、その裏側にも
滲みがあり、バッテリー端子まで到達していました(画像あり)。これを
見て任天堂が「水分が付着したため」と判断したのか分かりませんが、少
なくともわたしが見た限り水分らしき跡はありませんでした。そして、接
点復活材でメイン基板が故障したのかどうか検証するために、あえて基板
に付いた接点復活材をそのままにして、スティックユニットのみ、内部に
霜が付かない様に常温が出るエアコンプレッサーで清掃し、可動部分(樹
脂製)に樹脂対応のグリスを塗り、少しなじませてから「ニンテンドース
イッチの設定のスティックの補正」で確認したところ、見事に復活しまし
た(と言う事はメイン基板壊れてないのでは?)。
46149SunksToNishis1
46149SunksToNishis2
有償修理しなくて良かったです。ちなみに有償修理はメイン基板交換では
なく新品と交換だそうです。念のためもう一度分解して滲んだ接点復活材
は綺麗に拭き取りました。今回分解して分かった事はスティックは今表面
に見えているプラスチックカバーの縁にぶつかってそれ以上倒れない構造
になっているので、遅かれ早かれプラスチック同士の摩擦で摩耗し、スプ
ラトゥーンの様に常時上に倒すゲームだと、一気に摩耗が進み粉だらけに
なると考えられます。その粉が大量にスティックユニットに入り込むと入
力に問題が出ると推測できます。
なので、できればスティック付け根にタミヤ セラグリスHGやFグリス、
AZ プラスチック用グリースなどの樹脂対応グリス(接点復活材は非推奨)
を綿棒などで定期的に薄く塗ってからプレイするとかなり摩耗が抑えられ、
同時に粉の発生も予防できます。既に粉が出てしまっている場合は、吹か
ずにまずは掃除機で吸った方がより安全です(吹くと内部に入り込む可能
性があるので)。そもそも入力に不具合が出たから接点復活材を使用した
ので、接点復活材が原因でないのは初めから分かってましたが念のため検
証してみました。上記は有償修理になる可能性があるので全て自己責任で
すがご参考までに。
46149SunksToNishis3

※追記7:Amazonから送られてきた交換品の3台目プロコンですが、届
いてすぐにスティック根元にグリスを塗って使っているせいか、スプラト
ゥーン2を家族3人で14日間酷使したにも関わらず、全く粉の発生はあ
りません。もちろん入力の不具合も出ていません。一度は生死をさまよっ
たあのスプラVerも、グリス使用でむしろ以前よりヌルヌル動いてます。
わたしはFグリスを使用していますが、先端が細いノズルになっていて直
接スティック根元にさせて、色も半透明で目立たないのでおススメです。
AZも細い先端ノズルが付いていて塗り伸ばしやすくて効果も高いです。
また、グリスを塗り直す時は古いグリスをしっかりと拭き取ってから塗っ
た方が効果的です(古いグリスには埃や粉が少しづつ吸着しているので)。

 長い。
 という事で接点復活剤か何かが滲んだ部分をそのままにスティックをコンプレッサを用いてクリーニングしたらとりあえず正常に動くようにはなったという。
 結局これ“白い粉”が関係しているんじゃないですかね、当ブログのコメントもあるように、センサ部に入り込むことで正常に認識出来なくなっている…
 最近身近にある製品でいうとマウスのボールは長らくないのであれですが、センサ部に埃などが入り込んでちゃんと動きに追従しなくなるようなイメージでしょうか。
 或いはタッチパネル表面の汚れ(油脂など)による作動不良とか。

 これの対策ですが…任天堂は“神サポート”とかいう伝説を作りたい時以外はコスト負担を極めて嫌うので、モデルチェンジされる事があればスティック周りを軸が削れにくい&内部にゴミが入り込みづらい構造にサイレント変更するとかですかね。
 つまり今のニシッチとプロコン持ってる人はもうどうにもならないので、ここに書かれている通りグリスを塗り塗り使った方が良いのかもしれません。

ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) レッド・クリスタル
・ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) レッド・クリスタル
(Amazon)
 .