46103UnamaVR
 先週発売の電撃PSインタビュー…とはちょっと掲載されている文面は違うような気がしますが、同じインタビューを元にした記事がPSブログに掲載されていますね。
スポンサーリンク


[PS.Blog: 『Vなま』発売超間近! 開発した人間に話を聞いてみましたぞ、破壊神様【特集第2回/電撃PS】]

 インタビューに答えているのはSIEWWSジャパンスタジオの山本正美シニアプロデューサー、及びアクワイアの大橋晴行ディレクター。

山本:もともとPSP®「プレイステーション・ポータブル」で出ている『勇者のくせになまいきだ。』、『勇者のくせになまいきだor2』、『勇者のくせになまいきだ:3D』という地下を掘っていくゲームがあって、その後、じつはPlayStation®Vitaが発売されたときに、舞台を地上にした「勇なま」作れませんかねって話があって、ちょっとだけ企画していたことがあったんですよね。ただ、いろいろな事情でそれがなくなっちゃって、結局ナンバリングとしては途絶えることになってしまって。表には出てきてないけど、妄想はずっと続けていたという。

 企画についての話題はこの辺ですね、山本Pが出世してジャパンスタジオのXDEV…外注部門を統括する立場になった為、自分の企画ばかり通してもいられないという判断もあったのかもしれませんが。
 ところが、アクワイアが勝手にVRで動く地上版ゆうなまプロトタイプを制作していた為、このタイトルが制作されることに繋がったのだとか。

 フラゲ時もちょっと話題に出して反応があったムスメ周りはこんな感じ、

──製品版ではムスメはかなり近い位置にいますが、もともとはそうじゃなかったのでしょうか?

大橋:去年の東京ゲームショウで出品したバージョンだと、ムスメは出てませんでしたし、想定としてはプレイヤーのななめ後ろにいて、そこからしゃべる感じでしたね。じつは大きいキャラクター2体(魔王とムスメ)と、たくさんの魔物を同時に視界に入れると処理負荷がすごくて、開発中は状況しだいでフレーム落ちしちゃっていたので、当時は視界に入りにくいプレイヤーの後方にムスメを置いて、しゃべらせる感じだったんですよ。

 (中略)じゃ、いっそのことムスメを近くに置いちゃおう、と。プログラマーとアートの皆さんにはがんばってもらいましたね(笑)。

山本:ちなみにそれを一番強く要求したのは、うちの吉田プレジデントなんですけどね(笑)。「左前方におっさんがいるだけのゲームなの?」って。この辺は書いてください、是非!(笑)。

 この他、インタビューではゲーム自体のデザインについての話題が出ていたり、ムスメ役に小清水亜美さんを選んだのはアニメ「リトルプリンセス」の影響が云々とか…

 この他ちょっと気になる話題としては山本氏がアクワイアに行った時は“全然別件”だったらしいんですよね、SIEからソフトを出したのはrainが最後だったと思いますが。
 この所SIEWWSの外注部門であるXDEVの活動が低調に見えるのは携帯機の次世代機向けソフトを主に外注で開発しているからではなかろうかと何度か書いてきましたが…逆に言うと何もしてなかったら無駄飯食いか、という話にはなりそうでもあります。
 逆に言うと、外注タイトルが続々PS4専用辺りで出てきたら少なくとも年単位でPSVita後継機は無さそうだという判断にもなるのですが。

V!勇者のくせになまいきだR (VR専用) 【早期購入特典】『世界に平和は訪れない! 魔界親子アバター』セットがもらえるプロダクトコードチラシ同梱
・PS4 10/14 V!勇者のくせになまいきだR (VR専用) 【早期購入特典】『世界に平和は訪れない! 魔界親子アバター』セットがもらえるプロダクトコードチラシ同梱
(Amazon)
 .