45859SPat
 今回公開された特許の図はPSVita 1100シリーズのものなのですが、携帯機に関わる技術開発が継続されている事は間違いなさそうです。
スポンサーリンク


[IP Force: 特許6197012情報処理装置および情報処理方法] image via J-PlatPat

(11)【特許番号】6197012
(24)【登録日】2017年8月25日
(45)【発行日】2017年9月13日
(54)【発明の名称】情報処理装置および情報処理方法
(21)【出願番号】特願2015-211201(P2015-211201)
(22)【出願日】2015年10月27日
(65)【公開番号】特開2017-84076(P2017-84076A)
(43)【公開日】2017年5月18日
【審査請求日】2016年6月15日
(73)【特許権者】
【識別番号】310021766
【氏名又は名称】株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
【住所又は居所】東京都港区港南1丁目7番1号

【請求項1】
45859SPat1
タッチパッドと、
ディスプレイと相対するユーザの顔を撮影するカメラと、
撮影画像におけるユーザの顔の像から所定のパラメータを取得する画像解析部と、
前記タッチパッドが検知した情報に基づきユーザの手指のポーズを特定する操作内容取得部と、
前記手指のポーズが維持されている期間における前記パラメータの変化に応じて、当該手指のポーズに対応づけられた種類の変化を、前記ディスプレイに表示させた画像に与える出力データ生成部と、
を備えたことを特徴とする情報処理装置。

 図はこのようにPSVitaなのですが…
45859SPat2
45859SPat3
 ブロック図もそうですね。
45859SPat4

 背面タッチパッドに触れる範囲の形状から持ち方を類推し、
45859SPat5
45859SPat6

 持ち方によって操作を変更することも可能に?
45859SPat7

 顔認識ではカメラとの位置関係でズームする場所を切り替えたり、ゲーム機との距離でズーム倍率を変更することも考えられているようです。
45859SPat8
45859SPat9

 これどう使うんだろうという部分はありますが、例えば新たな携帯機がコントローラ部と別体の作りだったとして…そういう設計だったらニシくんはニシッチのパクリだと騒ぐでしょうが、今年か来年の発売なら設計からのリードタイム的に開発時期は同時期でしょうけどね。
 図の一つのように、本体だけ持っている時に持ち方と顔の認識、ついでにジェスチャーで操作出来る範囲が増えたらやれることは増えるかもしれません。
 またスマVR的な装着の仕方をしている際、背面パッド(とカメラ)を利用出来るようにする事で可能な操作も増えるでしょうし…

 という事で新たな操作方法の可能性というのは色々ありそうですね、PSVitaではTV前提となった為に携帯機としての機能を活かした操作はあまり入れ込めなくなりましたが。
 背面タッチが次世代機にも採用されるかは不明、というか現時点だと次世代機が存在しているのかもこちらからは不明なのですが、このように携帯機で用いる事が前提となる技術の開発が続いている以上、SIEが何かしらの次世代携帯機を開発している可能性は高いのではないでしょうか。

 次世代機に求められる物として更なる高性能化とストレージ周りの強化が望まれるのは当然なのですが、他の要素については人それぞれですよね。
 例えばSIEがニシッチをこれがPSVitaの後継機です、と出してきたらそりゃいらんわ、となるでしょうし。
 あまりギミック路線に走ってそちらにコストを使ってしまっては本末転倒だという見方はあるでしょうし…
 ただ、少なくとも画面側のタッチスクリーンやカメラは引き続き採用される可能性が高いですし、それらと高まった処理性能の組み合わせで出来る事を模索するのはありなのではないかと思います。

巨影都市【早期購入特典】絶体絶命都市を生き抜いた伝説の人物の衣装が入手できるプロダクトコード同梱
・PS4 10/19 巨影都市【早期購入特典】絶体絶命都市を生き抜いた伝説の人物の衣装が入手できるプロダクトコード同梱
(Amazon)
 .