45808NHNS
 別段出さないと言い切った訳ではないのですが、ニシくんは京都通過事件、四季報誤報事件、任撤退伯剌西爾のファンに感謝され事件などで積年の恨みが…ってこれ全部逆恨みですよね。
スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.45807■■

 ニシくんのSwitch入りようが予想通り過ぎると速報スレで話題に上ったのがこちらのスレ。

ファルコム社長「ニンテンドースイッチに何か出す予定はない」
http://krsw.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1504710705/

 最初に書いた通り、“絶対に出さない”と否定した訳ではないのですが…

[AppTrigger: Interview with Toshihiro Kondo, Nihon Falcom President, on Ys VIII]

 イースVIIIの海外版発売を控えての近藤季洋社長インタビューですが…イースVIIIに関する部分は大体省略。

・今作のシステムはアドル一人旅だと寂しい印象があるから
 みたいな話などはありますね。

 ゲハ的な話題としては、PCからのプラットフォーム移行について問われ
 “まず最初のポイントとしては、十年前に直面した現実として日本のPCゲーム市場が縮小しだしていた事があります。パッケージ版のゲームを販売する場所はなく、ダウンロード販売は考慮に値しない規模でした。日本のPC市場が衰退していく中で次の手を考える必要があった。そこでどのゲーム専用プラットフォームを選ぶかが問題になりました。我々のタイトルが何十万本も売れるものではないことは知っていたので。
 次いでは我々のゲームを遊んでくれるプレイヤーがどこにいるかという事です。ファルコムのゲームを好む人は、DQやFFよりも好きだと言ってくれる人が多い。だからそれらのプレイヤーがどこにいるかを確かめた結果、PlayStationプラットフォームにいることが分かりました。
 また北米ではあまり知られていないだろうと思いますが、ファルコムのゲームは中国、台湾、韓国とその他のアジアでも人気があります。そしてソニーがファルコムに対してアジア地域でのソフト販売に協力してくれていることも非常に良い理由となっています。”

 続いてニシッチにクレクレーという質問に対して、
 “まず、Nintendo Switchは明らかにとても任天堂らしいプラットフォームです。私はそれをいい意味に捉えていますし、ゲーマー個人としては入手したいと思っています。しかしながら、会社としてのファルコムは多くの開発ラインを持っていませんし、現時点での予定はありません。しかし私たちは全てのコンソールを試していますし、将来がどうなるかは分かりません。例えばパートナーがそれを欲した場合には可能性はあるでしょう。”

 とコメント、パートナーシップと言えばNISアメリカとのパートナーシップについては?と水を向けられると、
 “NISAからは何年も前からアプローチがあった。”
 “今回について言えば大きかったのは欧州でのリリースも視野に入っていたことと、北米におけるイベントに参加出来る機会を提供して貰えたことだった。”

 他には
・イースシリーズのマルチプレイは計画にはないが、社で検討したい
・(イースVを欧米にクレクレーに対し)イースVはこれまでに一度もリメイクされていないし、SFC版を出した当時は実現出来なかった企画も多くあるタイトルなので将来的には考えたい
・東亰ザナドゥの続編には是非取り組みたい。新しいタイトルでまだやりたいことが色々ある
・(イースVIIIで好きなキャラは?との質問に)ダーナです。従来ヒロインが強くないと言われていた事もあり、イースI/IIのフィーナに匹敵するヒロインを作ろうと頑張った

 といったコメントをしています。

 という事で、ニシくんにとってはPSプラットフォームにユーザー層が存在するという物言いも癪に障れば、任天堂ハードで売れるのは~を示唆する話を聞けばSwitchも入る。
 ファルコムは基本的には客がいないと考えるプラットフォームには出さない方針なのでしょうが、中小企業ですしパートナー…任ATM堂が湯水の如く円を出してきた場合にどういう判断になるかは不明瞭ですね。

 アジア市場における展開も重視されている部分ですし、この辺もPSVita後継機があった方が良さそうなところではあります。

追記:コメント欄でのご指摘より、紛らわしいと思われる表現を一カ所修正しました。

英雄伝説 閃の軌跡III 【初回限定特典】閃の軌跡III マルチデスクカレンダー2017-2018 付
・PS4 9/28 英雄伝説 閃の軌跡III 【初回限定特典】閃の軌跡III マルチデスクカレンダー2017-2018 付
(Amazon)
 .