45528JappanStudio0
 …なっていた。という伝聞話であれなのですが。
スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.45523■■

[ニコニコ生放送:【全国エンタメまつりin岐阜】1日目 生中継]

 こちらで流されていたイベントに出演したSIEワールドワイド・スタジオの吉田修平プレジデントが、国内で制作されるコンテンツ…この場合はアークザラッドやワイルドアームズの新作は出さないのかと問われた際に、

 “前は日本で開発されるゲームでも世界を意識して作らないとリクープ出来ないと考えていたが、日本向けに全力で作ったゲームが世界でも売れる成功例が出てきたので今後は考え方を変えていかないと、と気付いたところ”

 とコメントしていた、という話ですね。
 他で生放送が行われていないので実際に発言があったかを確かめる方法が(私には)ありませんが、速報スレで生放送を見ていた人の反応からしてもそのような発言はあったようです。

 発言の趣旨としてはE3 2017のインタビューにおけるコメントと共通している部分もあるのですが…

[GAME Watch: 【インタビュー】国産タイトルの大躍進にSIEWWSプレジデント吉田修平氏もニッコリ。]

吉田氏: そうですね、やっぱり、PS4のクラスになると、開発の規模が非常に大きくなってきます。「モンスターハンター」シリーズは世界の中でも特に日本でも大ヒットしているシリーズではありますが、やはりPS4向けは過去作品に比べて数段大きな取り組みになっていると思うんですね。そうなると日本だけでなく世界の市場をターゲットとして取り込んでいかなければ、という意識はあったんじゃないかなと思います。

 その中で、E3での発表というのはやはり非常に大きな注目を得ますし、過去においても「ファイナルファンタジー VII」のリメイクですとか、「シェンムーIII」、「二ノ国 II」、あるいは弊社で言えば「Bloodborne(ブラッドボーン)」もそうでした。PS4世代においては、日本のゲームであっても、やっぱり全世界で売っていこうということができますし、普及台数も増えていますので、それだけ日本のコンテンツを海外で遊んでくださるお客さんがすごく増えていますよね。

 今回、「仁王」の海外パブリッシングを弊社でやらせていただいたのですが、非常に反応が良かったですし、売上も上がっています。あと「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」ですとか、「ペルソナ5」といったタイトルも、海外の売上が非常に大きくなっています。そういったこともありますので、日本だけで人気があると理解されているIPであっても、PS4の規模を活かした投資の判断ができると、そういう状況になってきたんだと思います。

 これに関しては…
 海外海外言っていた国内大手サードも前世代が終わるまでには気が付いていたことをこれまで気付いていなかったのかとか、ジャパンスタジオのタイトルはあれで海外で売れて開発費を回収するつもりで作っていたのかとか色々な突っ込みは出てきても仕方ない部分はありますね。
 これはクオリティが低いという話ではないのですが。

 SIEジャパンスタジオのXDEV(外注)タイトルが最近あまり出てこないのはPSP3(仮)向けに準備しているからではないだろうかと推測した(、というか願望でそう考えてみた)事はありますが、これで全く何もしていないという事になったら無能集団との誹りが出るのも仕方ない所ではありますね。

 どうなる事やら。
 ネタにはされても売れそうにないKnack2とかもあれ国内外で売れると考えたから企画が通ったんですかね…

New みんなのGOLF【早期購入特典】20周年記念コース1&コスチューム (ウサギ) がダウンロードできるプロダクトコード封入
・PS4 8/31 New みんなのGOLF【早期購入特典】20周年記念コース1&コスチューム (ウサギ) がダウンロードできるプロダクトコード封入
(Amazon)
 .