44517Digimooon0
 今後はグローバル展開をも見据えてPS4に移行、と話しているのですが。
スポンサーリンク


[ファミ通:『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』プロデューサー羽生和正氏インタビューでわかった開発経緯、前作の反応、そしてストーリーについて]

 バンナムの羽生和正プロデューサーへのインタビューですが、今回PS4/PSVitaでかつ本編(サイバースルゥース)も全収録という形を取った件については、PS4版のデジモンCSが国内で発売されていなかった事に加え…

 (前略、デジモンCSの好調を受けて)2016年4月頃には「『デジモンストーリー』をもう一度仕掛けよう」と社内で話が進み始め、「つぎはプレイステーション4で、なおかつワールドワイドで好評をもらえるようにしたい」と目標を掲げました。しかし、これまでプレイステーション Vitaベースで開発してきたタイトルなので、プレイステーション4に移行するとなると、これまで以上に開発に時間を費やすことになってしまいます。
 (中略)
 また、次回作をいきなりプレイステーション4専用ソフトにしてしまうと、前作をプレイステーション Vitaで遊んでいただいたお客様にとってハードを乗り換えることになるので、ものすごい負担になる懸念もあります。せっかく『サイバースルゥース』でおもしろかったと思っていただいても、プレイステーション4では手が出しづらいと思われてしまうのはもったいないですから、今回はプレイステーション Vitaをベースとし、なおかつプレイステーション4でも発売することで、ハードの移行期間にしたいと考えています。

 という事で、サイバースルゥースが売れた事が新たな展開に繋がったようですね。

 この他インタビューではゲームバランスやキャラ設定に関する話題も出ていますが、主人公が男性のみかどうかは不明のまま。

 SAOゲームシリーズも次回作からはPSVitaサポートを切るとの事ですが、国内でシリーズが大きくなっていったのが携帯機側での販売あっての事なのに携帯機のサポートを切るのかという話は閃の軌跡III等でも聞かれた話ではありますね。
 でもこれはきっとPSP3(仮)ガー(以下略)

 携帯機に関しては据置機とマルチをしてどうするんだという人もいますが、可用性は広いに越したことはないですし、コードレスで持ち運べるという特性を活かしたタイトルは必要でしょうがPS4とマルチが可能な性能を備えていたっていいと思います。
 性能を二の次にして独自性ばかり追い求めた結果、そして(サードは)誰もいなくなったゆうちゃんみたいな悲劇もありますしね。

英雄伝説 閃の軌跡III 初回限定KISEKI BOX 【初回限定特典】閃の軌跡III マルチデスクカレンダー2017-2018 付
・PS4 9/28 英雄伝説 閃の軌跡III 初回限定KISEKI BOX 【初回限定特典】閃の軌跡III マルチデスクカレンダー2017-2018 付
(Amazon)
 .