44506KjFalcom0
 海外における販売などが好調だったため予想よりも業績が良くなっています。
スポンサーリンク


[ファルコム:平成29年9月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結) / 平成29年9月期第2四半期累計期間の業績予想値と実績値との差異に関するお知らせ](pdf)

 売上高は前年同期比16%減の4.56億円、営業利益は28.1%減の1.45億円、純利益は23.7%減の1.1億円。
 なのですが、これは当初発表していた前半期の予想売上高3億円、営業損失0.4億円を大幅に上回る結果となっています。

 この理由については、

 携帯型ゲーム機PlayStation®Vita向けゲームソフト「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)」アジア版や、携帯型ゲーム機PlayStation®Vita向けゲームソフト「東亰ザナドゥ」アジア版、据え置き型ゲーム機PlayStation®4向けゲームソフト「東亰ザナドゥeX+(エクスプラス)」アジア版の販売が順調に推移していることから、当第2四半期累計期間の売上高、営業利益、経常利益、四半期純利益はそれぞれ前回公表値を上回りました。
 なお、通期の業績予想につきましては、前回公表した予想値を据え置いておりますが、今後業績予想の修正が必要となった場合には、速やかに公表いたします。

 と説明していますね。

 各部門の業績に関しても、

 当第2四半期累計期間の製品部門におきましては、ユーザーから高い評価をいただいております、携帯型ゲーム
機PlayStation®Vita向けゲームソフト「イースⅧ―Lacrimosa of DANA―(ラクリモサ・オブ・ダーナ)」(平成28
年7月発売)及び据え置き型ゲーム機PlayStation®4向けゲームソフト「東亰ザナドゥeX+(エクスプラス)」
(平成28年9月発売)を販売しております。
 平成29年5月には、世界累計販売台数5,000万台を達成した据え置き型ゲーム機PlayStation®4向けに、ユーザー
からの評価が高い「イースⅧ―Lacrimosa of DANA―(ラクリモサ・オブ・ダーナ)」を発売する予定です。
 なお、累計販売本数96万本を突破している「英雄伝説閃の軌跡」「英雄伝説閃の軌跡Ⅱ」、その最新作「英雄
伝説閃の軌跡Ⅲ」を、据え置き型ゲーム機PlayStation®4向けに鋭意制作中です。
 その結果、製品部門の当第2四半期累計期間の売上高は39百万円(前年同期比79.5%減)となりました。

 ライセンス部門におきましては、携帯型ゲーム機PlayStation®Vita向けゲームソフト「イースⅧ―Lacrimosa of
DANA―(ラクリモサ・オブ・ダーナ)」韓国語版や携帯型ゲーム機ニンテンドー3DS版「ぐるみん3D」英語版及
び日本語版を発売しました。平成29年2月には据え置き型ゲーム機PlayStation®4向けゲームソフト「イースオリ
ジン」の日本語を含む多言語版を、平成29年3月には携帯型ゲーム機PlayStation®Vita向けゲームソフト「東亰ザ
ナドゥ」及び据え置き型ゲーム機PlayStation®4向けゲームソフト「東亰ザナドゥeX+(エクスプラス)」の繁
体字中国語版を発売しました。
 また、旧タイトルのPCゲーム英語版ダウンロード販売やオンラインストーリーRPG「英雄伝説暁の軌跡」の
他、「オルタンシア・サーガ」(株式会社セガゲームス)、「セブンナイツ」(ネットマーブルゲームズ株式会
社)、「太鼓の達人Vバージョン」(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)などのゲームタイトルとの
コラボレーション展開を進めました。
 平成29年4月には携帯型ゲーム機PlayStation®Vita向けゲームソフト「東亰ザナドゥ」及び据え置き型ゲーム機
PlayStation®4向けゲームソフト「東亰ザナドゥeX+(エクスプラス)」の韓国語版を発売し、平成29年5月に
は据え置き型ゲーム機PlayStation®4向けゲームソフト「イースⅧ―Lacrimosa of DANA―(ラクリモサ・オブ・ダ
ーナ)」の繁体字中国語版及び韓国語版を日本語版と同時に発売する予定です。
 その結果、ライセンス部門の当第2四半期累計期間の売上高は416百万円(前年同期比18.7%増)となりました。

 と説明、閃の軌跡シリーズの販売本数は96万本に達しているとのこと。
 これが製品部門(国内)単体のことか海外も含むのかは不明ですが。

 ファルコムの製品部門売上高というのは国内における販売分の事なので少なくなっていますが、ライセンス部門は好調ですね。
 また、SIEJAの協力もあるからかアジア版のローカライズ展開が早めに進められているようです。

 欧米向けだとようやくイースVIIIのPSVita版が秋ぐらいでしたっけ。
 この際SIEJAがSIEAやSIEEとは別に欧米向けのローカライズや販売も手がけた方が日本及びアジア地域のサードを集めるには良いような気もするんですけどね。

 にしても相変わらずゲーム販売以外何もやっていない会社ですね、安定してはいるのですが。

イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
・PS4 5/25 イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
(Amazon)
 .