43506SQEX0
 以前からのスクエニ求人もこちらに関連する物があったようですね。

スポンサーリンク



 スクエニの松田洋祐社長と、スタジオイストリア代表取締役となった馬場英雄氏へのインタビューが掲載されています。

・IPのイベントなどファンとの交流の場を整えたりしていった中で、区切りというか後輩へバトンタッチするのもあり、節目で退職という道を選んだ
・スクエニには切磋琢磨しながらRPGを作る環境があると見えていた、そこでもう一度チャレンジをしようとスクエニへ。それが昨年10月
・どんな新しいゲームを生み出せるのか、チャレンジしたい思いが強かった
・松:新作RPGも作りたい中で、実績のあるベテランがやりたいというなら断る理由はない。また新しい才能を持つ人材も発掘して貰いたいと、人材育成や活用面でも色々お願いした

・松:ビジネスディビジョンという考え方があるが、Tokyo RPG Factoryと同じようにグループ内の独立したスタジオとして理念・テーマを定めて独自IPを生み出して欲しい
・板鼻氏にこういう事をしたいと話したところ、描いてくれたのがマスコットとなる子供のドラゴン。名前は今考えているところ
・新作では「やさしさ」「暖かさ」を世界観として表現したい

・企画の大枠は決まっており、開発も徐々に着手し始めている段階
・コンセプトアートの延長というイメージを持たれるかもしれないが、日本人が親しむアニメやコミックをベースとした表現にしたい。どストレート、ど真ん中のファンタジーRPGを作りたい
・アートディレクターは最終調整をしている所、グループの方にも協力して貰いたい
・今後はスタジオが今必要としている人材を正式に募集していきたい
・発売時期の目安はあるが今の段階では言えない
・プラットフォームはある程度考えながらやっているが、最終的にどうなるかは分からない。据置機にこだわりたいという想いが強くある。スマなどビジネスチャンスがあるプラットフォームも検討はしたい
・国内だけでなく、海外展開にもチャレンジしたい
・開発スタッフとのディスカッションもしている、“絆”という言葉を大事にしたい

 等々。
 コンセプトアートとイメージイラストに関する馬場氏の解説もあり、コンセプトアートは上国料勇氏が、イメージイラストは板鼻氏が手がけているとの事。

 最後には“新アニメティックRPG開発者大規模募集開始”との見開き広告もあり。



ニーア オートマタ(初回生産特典「ポッドモデル:白の書」が使えるプロダクトコード 同梱)
・PS4 2/23 ニーア オートマタ(初回生産特典「ポッドモデル:白の書」が使えるプロダクトコード 同梱)
(Amazon)

週刊ファミ通 2017年3月9日号
・週刊ファミ通 2017年3月9日号
(Amazon)
 .