40132FromDarks0
 今後もダークなRPGの流れは考えているようですが、とりあえず宮崎Dのソウルシリーズは一段落するのかもしれません。
スポンサーリンク


[4gamer: 「DARK SOULS」シリーズの区切りに抱いた想い,そしてフロム・ソフトウェアがこれから向かう先とは。宮崎英高氏にインタビュー]

 ダークソウル3のDLCについて、

宮崎氏:
 はい。今のところ2本で考えていて,1本目が2016年秋,2本目が2017年初頭の予定です。内容としては過去作準拠で,新しいマップ,敵,武器防 具,そしてストーリーが含まれています。ある小さな,隔絶した世界をめぐる物語を想定しているのですが,本編とは,また少し違ったDARK SOULS IIIをお見せできると思います。
 丁度1本目の開発がはじまったところですね。

 (中略)

宮崎氏:
 2本のDLCを合わせて3マップ分くらいですかね。基本的にシリーズ過去作と同様のボリュームになると思います。

 作ってみたいタイトルについては、

宮崎氏:
 うーん,難しい。何かを言うとネタバレに繋がりそうなことが多いですね(笑)。
 あ,でも,現状で悔しいことに実現性が低いところで言うと,ファンタジー+メカのタイトルは作ってみたいですね。TRPGの「ワースブレイド」とか「天空のエスカフローネ」みたいなやつです。

 アーマードコアシリーズについては、

宮崎氏:
(※今後シリーズを続ける気はあるのかという質問に対し)もちろんです。
 「ARMORED CORE VERDICT DAY」から時間が経ってしまっていますし,一時シリーズに難しい状況があったことは事実ですが,アーマード・コアのシリーズを終わらせるつもりはありません。

 シリーズの難しい流れというのはACV系列の展開やその後のコアメンバー退社?といった流れでしょうか。
 フロムソフトウェアの今後のタイトルについては年度内はダークソウル3のDLC制作に注力し、小規模なものは2017年度に出るかどうか、という辺りにはなるようです。
 ちなみに宮崎社長のゲーム作りに関する考え方については、

宮崎氏:
 それは多分に買被りだと思いますよ(笑)。
 でも,どうあれ注目して頂いていること自体は,開発者としても開発会社としても幸せなことですし,なんとか期待に応えたいとも思っています。結局は,面白く価値あるものを作り続けるしかないわけですから。
 そうでないと,呆気なく評価は覆り,新作に注目も期待もしてもらえなくなるでしょう。

 (中略)

 あくまで私個人の意見ですが,「手のひらはすぐに返るものだ」という意識は,色々とありかなあと。
 例えば良い状態にあるとして,それが盤石で覆らないとすれば,人であれ集団であれ色々と腐りやすいものと思いますし,例えば悪い状態にあるとして,手のひらがすぐに返るのであれば,それを希望に頑張ることができますからね。

 自分(と自分が属する集団)への肯定的評価が何があっても覆らないものだと思えば(そう勘違いすれば)個人も集団も腐りやすくなる、というのはその通りかもしれません。例え腐っても持ち上げ続けられればより一層その傾向は強まるのでしょうし。

グランツーリスモSPORT リミテッドエディション 【早期購入特典】ボーナスカーパック (3台) DLCコード封入&【Amazon.co.jp限定オリジナル特典】 (アイテム未定)
・PS4 11/15 グランツーリスモSPORT リミテッドエディション 【早期購入特典】ボーナスカーパック (3台) DLCコード封入&【Amazon.co.jp限定オリジナル特典】 (アイテム未定)
(Amazon)
 .