35409Koetec0
 日経BPのゲーム会社社長インタビューシリーズにて。

スポンサーリンク


[日経トレンディ:連載:キーパーソン激白! 進化するゲーム・ビジネス2015 『三國志』30周年を迎えるコーエーテクモゲームス。若き新社長の戦略とは?]

 7/17に公開されたコーエーテクモゲームス社長、鯉沼久史氏へのインタビューですが、

・現在のプロデューサーを大事にしつつ次世代のプロデューサーが出てくるような体制を目指す
・IPを軸にファンを獲得していく方向に。コラボもIPを大事にしたい
・SLGや無双シリーズ、ソーシャルゲームに女性向けゲームとバランス良くリリースしたい
・無双などのアクションゲームを手がけてきたことがドラクエのコラボやディシディアFFの受託に繋がった、そこは伸ばしていきたい
・デッドオアアライブはDOA5LRの無料版を出したらパッケージも売れた、無料版のDLC販売もビジネスとして成り立っているので基本無料といってもガチャばかりではなく売り方を色々試したい
・売れ方はロングテールになってきているが発売日にもちゃんと売れる物を目指すべき
・売り上げ目標はタイトル毎に違ってくる、5万本程度の見込みで作る女性向けゲームもあれば、10億円以上かかるので30-50万本ぐらいを目指すという無双シリーズもある
・家庭用ゲームは日本以外では非常に好調、パッケージも欧米アジアでは前世代の時と比べ非常に良い
・スマソーシャルは日本とアジアで、PC向けのゲーム販売は底堅い。それらで日本の落ち込みをカバーしたい
・スマ市場は引き続き拡大すると考えているが、パッケージ会社としての強みは活かしたい
・ゲーム体験は特別な物であるべきだと思っている。(VR)HMDにもチャレンジしたい
・今年はこれから30周年の三國志、アルスラーン戦記×無双、ガストの2本などがある
・新規IPも仕込んでおり、サプライズとなる新作を発表できると思う
・5年連続で増収増益が達成出来たのはパッケージゲームをしっかり売っていたことが大きい、今年もパッケージにも力を入れていく

 という事で…スマで大きなヒットがないこともあるのかもしれませんが、それ抜きでも高い利益率を達成しているコーエーテクモだけに、今後もゲーム機向けタイトルにも力を入れてやっていくと表明していますね。

ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ プレミアムボックス (初回特典(プラフタのドールメイク衣装のダウンロードコード) 同梱)
・PS4 9/25 ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ プレミアムボックス (初回特典(プラフタのドールメイク衣装のダウンロードコード) 同梱)
(Amazon)
 .