1120E_ZettaiZetubouShoujo0
 スタッフへのインタビューがぶつ切りで載っていたりもします。

スポンサーリンク



・9/25発売
・7020円

・プロデューサー:寺澤善徳
・アソシエイトプロデューサー:斉藤祐一郎
・ディレクター:佐々木駿
・シナリオ:小高和剛

 主要スタッフ四人へのインタビューがモノクマがインタビュアーという形で細切れに掲載されている。
 “あんな取材”がプロレス(?)だったのかどうかは各自ご確認を。

 ストーリーは絶望的事件から一年半後、襲いかかるモノクマから逃げ出したこまるだったが…

 キャラクターは
・「苗木こまる」(内田彩)
・「腐川冬子」(沢城みゆき)
 がメイン、基本的にこまるを操作し拡声器型ハッキング銃を使って戦うが、腐川がアレしてアレすると一時的に操作キャラが交代する。
 1,2のキャラも若干名登場するらしい。

 「塔和シティ」で大人達を殺戮する、モノクマの仮面を被った子供達“モノクマキッズ”のリーダー格である自称“希望の戦士”という5人の子供達
・「大門大」(潘めぐみ)
・「空木言子」(荒浪和沙)
・「煙蛇太郎」(上坂すみれ)
・「新月渚」(伊瀬茉莉也)
・「モナカ」(平野綾)
 が紹介されている。
 それぞれ勇者・戦士・僧侶・賢者・魔法使いを担当。

 敵としては普通のモノクマがメイン?10種類ぐらい出てくるらしい。


バレットガールズ(初回封入特典:レンジャー部戦闘服(レジェンド)のプロダクトコード同梱)&(Amazon.co.jp限定特典 迷彩柄おブラ&おパンツセットのプロダクトコード)
・PSV 8/28 バレットガールズ(初回封入特典:レンジャー部戦闘服(レジェンド)のプロダクトコード同梱)&(Amazon.co.jp限定特典 迷彩柄おブラ&おパンツセットのプロダクトコード)
(Amazon)

週刊ファミ通 増刊号 2014年 7/10号 [雑誌]
・週刊ファミ通 増刊号 2014年 7/10号 [雑誌]
(Amazon)