28755MeltOmae0
 PS3が500Wでメルトダウンの頃は事もあろうに夕刊紙で360を持ち上げていましたし、相変わらずですね。
スポンサーリンク


[プレジデント:[教えて大前先生] どこまでも続く「ソニーの一人負け」 大前研一の日本のカラクリ]

 この[ ]で栃木のアレを思い出してしまって生理的に無理感が強まったりもします。

 しかし、スマホで手軽にゲームを楽しむユーザーがゲームファンの主流の時代に、ハイスペックのコンソールマシンがどこまで受け 入れられるか大いに疑問だ。マニアやコアなゲームファンが初速を引っ張っても、かつてPS2がソニーの利益の半分以上を稼いだような状況にはならないと思 われる。残念ながら、PS4はソニーの救世主にはならないだろう。

 (中略)

 2000年にPS2を出したときに、ソフトメーカーが群がってソフトを作ってくれたような状況はもはやありえない。スマホ対応に切り替えているから、PS4のスペックを使いこなすソフトを作れる会社はもうほとんど残っていない。

 06年に、PS3が出たときには、400人のクリエーターを投入して4年かけて大作を開発するというような“巨艦大砲主義”に走ったソフトメーカーも あった。コンソール用のゲームを作っていた会社は皆、これに足をすくわれてスマホ用のソフト開発に出遅れた。名もないソフト屋からコンテンツを買って、名 前だけつけて流すしかなくなったのだ。もはや一発空振りしたら会社が傾いてしまうリスクを冒してまで、大作ソフトを作るメーカーはほとんどない。

 (中略)

 ちなみに「スマホのゲームはやらない」とコンソールマシンにしがみついている任天堂の戦略も、凡庸な常識人である私には理解できない。スーパーマリオやドンキーコングといった同社のわかりやすいコンテンツは、それこそスマホ向きだ。

 PS4はむしろ省力化が進んでいるぐらいなのに、とか個別に書く事も出来ますが…どうせ結局どこから金が出ているかで言うことがコロコロ変わるというだけの話ですし、放っておいた方が良いのかもしれませんね。

inFAMOUS Second Son (初回封入特典ダウンロードコンテンツ「コールの遺産」同梱 同梱)
・PS4 5/22 inFAMOUS Second Son (初回封入特典ダウンロードコンテンツ「コールの遺産」同梱)
(Amazon)
 .