28704CAPCOM0
 山のようにスマホ向けタイトルを発表しましたが、今のところ「成果を生み出すに至っていない」としています。
スポンサーリンク


[カプコン:特別損失の計上、業績予想の修正ならびに個別業績予想および前期実績値との差異に関するお知らせ]

 当社は本日開催の取締役会におきまして、最近の業績動向等を踏まえ、平成25年5月8日に公表した平成26年3月期(平成25年4月1日~平成26年3月31日)の連結業績予想を下記のとおり修正することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

 また、個別業績予想について、前期実績と差異が生じる見込みになりましたので、併せてお知らせいたします。

 記
1. 特別損失の発生について

 当業界の市場環境が激変する状況下、毎期安定した利益が確保できるよう、経営の根幹をなす開発体制の再編、開発プロセスの改革による収益管理に取り組ん でおりますが、現時点ではモバイルコンテンツ等において、成果を生み出すまでには至っておりません。このため、当社の保有する固定資産等について、将来の 回収可能性を総合的に検討した結果、事業構造改善費用等の特別損失を連結で約50億円、個別で約43億円計上する見込であります。
28704CAPCOM1

 売上高は前回発表予想の970億円から1015億円へと45億円増加するも、営業利益は20億円の減で更に特別損失の計上が加わり純利益は50%以上の減少となる33億円の予想に修正されています。

3. 修正の理由

 家庭用ゲームソフトの目玉タイトル「モンスターハンター 4」やパチスロ機の大型商品「モンスターハンター月下雷鳴」などが好調に推移しましたため、売上高は当初予想を上回る見込みであります。利益面では、収益 性の高いモバイルコンテンツが軒並み苦戦したことに加え、オンラインゲーム「モンスターハンター フロンティア G」等が軟調に推移したことによる利益率の低下が要因となり、営業利益および経常利益は当初予想を下回る見込みであります。また、当期純利益につきまして も、前述のとおり特別損失を計上したことにより当初予想を下回る見込みであります。

 “モバイルコンテンツの苦戦”の他はモンハンばかり名前が出てきますね。オンラインゲームが苦戦、と言われても他に何があったっけ、という状態ではありますが。

 また個別業績予想も修正、
28704CAPCOM2
5. 差異の理由

 売上高は、大型タイトルの投入などにより前期に比べ増加するものの、営業利益、経常利益および当期純利益は、売上原価や販売管理費および一般費の増加により、前期に比べ減少の見込みとなりました。

 売上高は増加した物の売上原価や販売管理費などの増加で利益は減少…どこの大型タイトルが売上原価を押し上げているのでしょうね。
モンスターハンター4 (Amazon)

 何か廉価版になってもいないのに52%引きとかになっている大型タイトルがあるらしいですが…
 大分レッドオーシャン化してきたモバイルゲーム市場と原価に近い価格で売ってでも売上高を伸ばそうとしている大型タイトル、今後の打つ手は何でしょうね。

フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還"追加コンテンツパック 同梱)
・PSV 6/26 フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還"追加コンテンツパック 同梱)
(Amazon)
 .